はじめに(エネルギー資源の世界史)

『エネルギー資源の世界史』では、ご購入者さまが巻末のパスワードを使うと全ての内容が読めるオンライン版を用意しています。
ここでは発売までの限定期間として「はじめに」を公開していますので、どなたでも自由にご覧になれます。
どうかどなた様もお楽しみください。

 「エネルギー資源の何が問題ですか?」との質問をすると千差万別の答えが返ってくる。最大公約数的な返答として、エネルギー資源の枯渇を指摘する場合が多く見受けられる。そこで、「石油はあと何年で枯渇するのでしょうか?」との質問をすると、これがまた千差万別の答えが返ってくる。自分が生きている間は大丈夫とする立場で100年程度と答える場合、自分の孫までは大丈夫とする立場で200年程度と答える場合が多い。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故の後において、エネルギー資源に関する国民的議論が大規模に展開されても良さそうであるが、そのような議論が実施される気配は残念ながら無い。我が国におけるエネルギー資源に対する感度は極めて低く、主観的な認識による不確実性に覆われているように感じる。

 我が国には、エネルギー資源に関する技術や情緒は存在するが、科学は存在しないようである。エネルギーを取り巻く状況の認知や見通しに関する主観的な認識による不確実性が生じるのも、そのような背景からであろう。先進国における経済成長の鈍化、我が国における貧困化の顕在化をエネルギー資源と結びつけて考えている人はどれくらいいるだろうか。例えば、エネルギー資源の輸入国である我が国においては、2000年以降、交易条件が悪化し、「高く製品を売って、安くエネルギー資源を買う」状況から「安く製品売って、高くエネルギー資源を買う」状況へと移行した。少子化、中流階級の喪失、労働環境問題、実質賃金の低下、……多種多様な問題は互いに有機的に結合しており、その根底にはエネルギー資源の有り様が大きく横たわっている。

 昨今、資本主義の限界が指摘されるようになった。先進国は新しいモノを創出できないために優位性が発揮できず、結果として安価にモノをつくることを強いられるが、アフリカ大陸が最終生産拠点となり、先行きの限界を感じるというわけである。その一方で、「欲しいものは無くなった」という言葉もよく耳にするが、現代の文明で提供できるモノやサービスの限界を意味するとも解釈できる。人類の歴史を紐解くと、このような限界に対する一種の「閉塞感」はエネルギー革命によって打開されてきた。例えば、現代の文明を支える石油資源の性能を遙かに凌駕するエネルギー資源が登場するならば、新しい学問分野や多様な産業が盛んに花開き、人々には再び欲しいモノ・サービスができ、資本主義は意気揚々と息を吹き返すことであろう。

 「才能」と「努力」のどちらが重要かというのはよくある問いかけであるが、エネルギー資源を科学的に考える立場では問いかけ方が異なり、「才能・努力」と「生まれ持った環境」のどちらが重要な要因かとなる。この質問を日本の学生に尋ねると「才能・努力」が重要と答え、中東産油国の学生に尋ねると「生まれ持った環境」が重要と答える。ここで、前者は技術革新、後者はエネルギー資源をそれぞれ比喩しており、社会が発展成長するためにはどちらが重要かという問いになる。技術革新の重要性については論をまたないが、エネルギー資源の歴史を紐解くと、社会の有り様はエネルギーの有り様で決定されてきたことがわかる。

 本書は、現代のエネルギー資源の問題がどのような経緯で生まれ、どのような点が問題の核心となっているのかといった疑問に答えるように、現代の地球規模でのエネルギー資源問題を視野に入れて、エネルギー資源に関連する技術発展史を、その背景となった社会・経済や貢献度の高かった人物のエピソードにも触れて解説している。

 人類とエネルギー資源の関係の歴史的ダイナミズムを文明論的視点で捉えることで、広くエネルギー資源に関する科学が醸成され、結果としてエネルギー資源に関する科学的かつ国民的な議論のきっかけになれば幸いである。これからの時代、エネルギー資源に対する感度が高い国・組織・人が生き残っていくだろう。

 最後になるが、本書の出版に際して一色出版の岩井峰人氏に大変お世話になった。執筆者を代表して心より感謝申し上げる。

編著者 松島 潤

コメント

ミエリン鞘はとも呼ばれ、軸索に巻き付いて絶縁体として働く構造である。これにより神経パルスはミエリン鞘の間隙を跳躍的に伝わる(跳躍伝導)ことで神経伝達が高速になる。ミエリン鞘は末梢神経系の神経ではシュワン細胞、中枢神経系ではオリゴデンドロサイトから構成される。

脳の中にある空洞のこと。脳脊髄液で満たされている。脊髄にあるものは中心管と呼ばれる。

神経堤細胞は脊椎動物の発生時に見られる神経管に隣接した組織。頭部では神経、骨、軟骨、甲状腺、眼、結合組織などの一部に分化する。

細胞の生体膜(細胞膜や内膜など)にある膜貫通タンパク質の一種で、特定のイオンを選択的に通過させる孔をつくるものを総称してチャネルと呼ぶ。筒状の構造をしていて、イオンチャネルタンパク質が刺激を受けると筒の孔が開き、ナトリウムやカルシウムなどのイオンを通過させることで、細胞膜で厳密に区切られた細胞の内外のイオンの行き来を制御している。刺激の受け方は種類によって多様で、cGMPが結合すると筒の穴が開くものをcGMP依存性イオンチャネルと呼ぶ。TRPチャネルも複数のファミリーからなるイオンチャネルの一群であり、非選択性の陽イオンチャネルである。発見された際に用いられた活性化因子の頭文字や構造的特徴から、A (Ankyrin), C (canonical), M (melastatin), ML (mucolipin), N (no mechanoreceptor), P (polycystin), V(vanilloid)の7つのサブファミリーに分類されている。TRPは、細胞内や細胞外の様々な刺激によって活性化してセンサーとして働いたり、シグナルを変換したり増幅したりするトランスデューサーとしての機能も併せ持つ。温度センサーやトウガラシに含まれるカプサイシンのセンサーとしても機能していることが知られている。

任意の遺伝子の転写産物(mRNA)の相同な2本鎖RNAを人工的に合成し生物体内に導入することで、2本鎖RNAが相同部分を切断して遺伝子の発現を抑制する手法。2006年には、この手法の功績者がノーベル生理・医学賞を受賞している。

様々な動物種間で塩基配列やアミノ酸配列を比較することによって、類似性や相違を明らかにする手法。この解析によって動物種間の近縁関係や進化の過程を予測することが可能になる。

発生過程で神経管を裏打ちする中胚葉組織であり、頭索類・尾索類では背骨のような支持組織としての役割を持つ。脊椎動物では運動ニューロンの分化を誘導するなど発生学的役割を持つ

魚類に顕著にみられる鰓のスリットで、哺乳類では発生の初期にはみられる。発生が進むと複雑な形態形成変化が起き、消失するが、外耳孔などは鰓裂の名残ということができる。

動物の初期発生において最初の形態形成運動として原腸陥入が起こる。原腸は消化管に分化する。この原腸陥入によって生じる「孔」を原口と呼ぶが、これが将来の動物の体の口になるのが前口動物であり、肛門になるのが後口動物である。半索動物、脊索動物は後口動物である。

ナマコの幼生のことをオーリクラリア幼生と呼ぶが、ウニのプルテウス幼生、ヒトデのビピンナリア幼生、ギボシムシのトルナリア幼生など、形態的共通性をもつ幼生全体をまとめてオーリクラリア(型)幼生と呼ぶ。今日ではディプルールラ型幼生という呼び方が広く使われている。この説はガルスタングが1928年に提唱した。その時代にはオーリクラリアという用語が使われたため(ディプリュールラ説ではなく)オーリクラリア説と呼ばれている。

Hox遺伝子はショウジョウバエで発見されたホメオティック遺伝子の相同遺伝子である。無脊椎動物のゲノムには基本的に1つのHoxクラスターがあり、脊椎動物のゲノムには4つのHoxクラスターがある。Hoxb1は4つあるクラスターのうちのBクラスターに属する1番目のHox遺伝子という意味である。

脊椎動物胚の後脳領域には頭尾軸にそった分節性(等間隔の仕切り)がみられる。この各分節をロンボメアと呼び、図14に示すように7番目までは形態的に明瞭に観察できる。

脊椎動物のゲノムにはふたつか3つのIsletが存在する。Isletは脳幹(延髄、橋、中脳)の運動性脳神経核に発現して、運動ニューロンの分化に関与している。

感桿型では光刺激はホスホリパーゼCとイノシトールリン酸経路を活性化させる。繊毛型ではホスホジエステラーゼによる環状GMPの代謝が関与している。

気嚢による換気システムは獣脚類と呼ばれる恐竜から鳥類に至る系統で段階的に進化していったと考えられる。

このような特異な形態は胚発生期には見られず、生後に発達する。その過程は頭骨に見られる「テレスコーピング現象」と並行して進む。