遺伝子・進化または世界史の本を扱う出版社です

遺伝子から解き明かす「魚」の不思議な世界

遺伝子から解き明かす〈魚〉の不思議な世界

世界中に多くのファンを持ち、また専門家にとっても研究対象として注目度の高い魚類。最新の研究成果や分子レベルでの知見をもとに、進化・多様性・生態・発生・発達などを、各筆者の研究事例をもとにして紹介。魚類について専門性が高い話題も平易な解説文とビジュアルを通して、一般読者に魚類の興味深い内容を紹介し、同時に魚類という生き物の魅力があまねく伝わる本を目指す。

編=神田真司

B6サイズ/520ページ/4000円+税/2019年2月発売予定

【目次】  

第1部 脊椎動物4億年の進化の中での魚
第1章 進化と現生生物
第2章 サメは硬骨魚類にあらず その生理と生態
第3章 硬骨魚類の多様な生存戦略がもたらす進化
第4章 閉ざされた湖で起こった進化
第5章 ゲノム編集技術による魚類研究の新展開

第2部 水あれば魚あり:環境への適応と研ぎ澄まされた感覚
第6章 海水と淡水をいったりきたり 適応する力
第7章 トゲウオから探る適応進化の分子遺伝メカニズム
第8章 感覚と行動の進化 電場を使って生きる魚
第9章 魚の味覚と摂餌行動の多様性

第3部 子孫を残す戦略:魚の生殖システムの進化と様々な産み方
第10章 魚から見えてくる哺乳類と魚の繁殖システムの違い
第11章 魚の卵の膜とそれを分解する酵素の共進化
第12章 卵生と卵胎生。収斂進化といろいろな個体発生

第4部 魚の性:決定の仕方、在り方から性転換魚まで
第13章 メダカの多様性から性決定遺伝子の進化を探る
第14章 魚にも二次性徴がある、性ホルモンが司る雌雄差
第15章 性を変える魚の世界 魚はいかにして性を変えるのか?

【筆者紹介】

第1、10章 神田真司:東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻・准教授
第2章 高木亙:東京大学大気海洋研究所生理学分野・助教
第3章 矢野十織:東京慈恵会医科大学解剖学講座・助教
第4章 二階堂雅人:東京工業大学生命理工学院・准教授
第5章 安齋賢:基礎生物学研究所バイオリソース研究室・助教
第6章 渡邊壮一:東京大学大学院農学生命科学研究科・准教授
第7章 石川麻乃:国立遺伝学研究所集団遺伝学研究系生態遺伝学研究部門・助教
第8章 小橋常彦:名古屋大学大学院理学研究科・特任講師
第9章 池永隆徳:鹿児島大学理工学域理学系・助教
第11章 佐野香織:城西大学理学部化学科・助教
第12章 飯田敦夫:京都大学ウイルス再生医科学研究所再生増殖制御学分野・助教
第13章 竹花佑介:長浜バイオ大学バイオサイエンス学部アニマルバイオサイエンス学科・准教授
第14章 荻野由紀子:九州大学農学研究院附属国際農業教育・研究推進センター国際教育ユニット・准教授
第15章 野津了・小林靖尚:(野津了)沖縄美ら島財団総合研究センター動物研究室研究員、(小林靖尚)近畿大学農学部水産学科水産生物学研究室・准教授

電話 03-6801-6905

PAGETOP
Copyright © 一色出版 2017 All Rights Reserved.
     

シェイクスピア、ビートルズの生誕の地イングランドは、イギリス諸島にある、スコットランドとウェールズと国境を接した国です。テムズ川沿いにある首都ロンドンには国会議事堂のビッグベン、11 世紀に建てられたロンドン塔があります。多文化が共存する、芸術とビジネスの中心地でもあります。その他にも、マンチェスター、バーミンガム、リヴァプール、ブリストル、大学が集うオックスフォードやケンブリッジといった大都市があります。