スポーツの世界史

スポーツの世界史
編著=坂上康博、中房敏朗、石井昌幸、高嶋 航
B6サイズ/652ページ/4500円+税/2018年10月1日発売/ISBN978-4-909383-04-4

本書は、専門家向けの論文集でも、また事典や教科書でもなく、読み物として面白い一般読者向けの「スポーツで読む世界史」をめざした。《面白さ》の中身はさまざま。ナショナリズム、アイデンティティ、ジェンダー、メディア、植民地、暴力、人種、民族、階級、市民、国民統合、政治的利用―それぞれの国や地域の歴史的な特徴を示すような魅力的なテーマや視点、興味深いトピックスやエピソードなどをふんだんに盛り込んだ。  スポーツを通した世界史との新たな出会いがここにある。

3つの特徴(1) スポーツ史の決定版

近代スポーツの半分以上を生み出した英米のスポーツ史をはじめ、社会主義国におけるスポーツの政治的利用、中南米などにおけるスポーツシーンと人種の問題、先進国において見られるジェンダーとスポーツの関係、ユーゴスラヴィアなど多民族国家における民族とスポーツなど、近現代において世界各地で見られるスポーツと政治・国家・経済など、それぞれのスポーツ誕生の背景とそれをめぐる世界史的問題を網羅。さらに選手のエピソードをまじえ、貴族のたしなみからグローバル文化に至る経緯を具体的に解説。

3つの特徴(2) 最新のスポーツ事情に言及

「2007年にマカオで開催したアジアインドア競技大会で、初めてeスポーツが採用され、 アジア競技大会でも2022年に正式種目となる。」(終章より)。
−−スポンサー企業やテレビ放映優先の大会日程やメダル至上主義、それに起因するドーピング問題など、現代スポーツ界に特徴的な問題を抉り、ネイションブランディングや世界経済、国際政治とスポーツとの関係を見透かす。

3つの特徴(3) webコンテンツ展開

巻末に記載されたパスワード(発売時シール貼付)を、本書紹介ページの下側にある「webコンテンツ_スポーツの世界史」をクリックしたあとに入力すると、本書の内容全てが見られるサイトへ入れます。各デバイス対応デザイン(レスポンシブ)で、画像はカラーで掲載され、拡大閲覧もスムーズ。パソコンはもちろんスマートホンでも読みやすく、いつでも読書を可能にします。
通常の電子書籍(kindleなど)では難しかった、見開きにわたる大きな画像の見やすいレイアウトなど、ビジュアル面を重視した体裁にしています。

【目次】

序章|「ルードゥス」から「スポーツ」への道のり
ルードゥスの世界/「スポーツ」という語の由来|「運ぶ」から「娯楽、慰み」へ/軍事問題としてのスポーツ/宗教問題としてのスポーツ(1)/宗教問題としてのスポーツ(2)/「スポーツ」の新たな意味︱刻印される階級意識/狩猟や釣りが「スポーツ」であるということ/世界に広がる「スポーツ」

第1章 イギリス|近代スポーツの誕生
18世紀的スポーツ/ヴィクトリアニズムの到来/ジェントルマン教育の改革とスポーツ/ミドルクラスとアマチュアリズム/労働者階級とプロサッカー/帝国とアマチュアリズムの長い黄昏

第2章 フランス|スポーツの魅力を引き出す「遊び」の精神
中世中期からフランス革命までのスポーツ/スポーツの王、王のスポーツ/19世紀から20世紀初頭におけるフランス・スポーツの3つの流れ/フランスから生まれた2つの近代オリンピック/第1次世界大戦後のフランスとスポーツ

第3章 ドイツ|市民的結社としてのトゥルネン協会とスポーツクラブ
トゥルネンの誕生/労働者トゥルネン・スポーツ運動の展開/トゥルネンとスポーツの抗争/ナチズムによる「均質化」と余暇の組織化/分断国家ドイツのスポーツとスポーツ体制/ドイツ統一とスポーツの発展に向けて

第4章 スペイン|「モザイク社会」の中のスポーツ
近代スポーツの伝播と受容/スポーツの大衆化とメディア、女性の参画/内戦、そしてフランコ独裁下におけるスポーツ/民主化と国際大会の開催

第5章 チェコ|世界最大のスタジアムでの大規模なマスゲームの祭典
4つの祭典のはじまり/変容するソコル祭典|体操祭からマスゲームを中心にしたスポーツ祭典へ/4つの祭典の特徴/戦後のソコル祭典とスパルタキアード

第6章 ハンガリー|市民社会における暴力とスポーツ
19世紀|男らしさと国民をめぐる競合/第1次世界大戦前後|軍事暴力支配と体育・スポーツ/20世紀|統制されない暴力とサッカー

第7章 ユーゴスラヴィア|多民族統合の象徴からナショナリズムの担い手へ
「ユーゴスラヴィア主義」とソコル運動/社会主義体制下のスポーツ/ユーゴスラヴィアの解体と紛争の中で/紛争後のスポーツ

第8章 ソヴィエト/ロシア|スポーツ大国の成立と再生
帝政期までのロシア・スポーツ/新しい人間|社会主義国家の身体文化/サッカーとアイスホッケー|「見るスポーツ」の発展/冷戦期のオリンピック/ソ連解体後のロシア・スポーツ

第9章 アメリカ|「レベル・プレイングフィールド」を目指す限りなき挑戦
アメリカの誕生と余暇、娯楽、スポーツ/3大スポーツと文化的統合/スポーツ文化の成熟/人種・エスニックマイノリティの経験/女性の経験/現代のアメリカンスポーツ

第10章 カリブ海地域|バックヤードのアスリートたち
植民地におけるクリケット体験/植民地解放への願い/アメリカへの道|旧スペイン領カリブ海地域/大リーガーの供給地へ|ドミニカ共和国/もし、神が望めば/グローバル化が生みだすアスリート/異文化混淆の歴史の中で

第11章 ブラジル|「人種」を通してみたサッカー小史
白人エリートのスポーツとしてのサッカー/国技となったサッカー/ペレ登場とマランドラージェン

第12章 アルゼンチン、ウルグアイ、チリ|スポーツからみる南米の政治史
前近代のスポーツ︱先スペイン期から植民地期まで/近代スポーツの導入︱自由主義の時代/スポーツと国家の関係構築︱変革の時代からポピュリズムの時代へ/スポーツと国家の関係の変容︱軍事政権期から民主化へ

第13章 オーストラリア︱スポーツは国民文化
9994|クリケット/マーングルック?|メルボルンが生んだフットボール/ルール30|商業的国民統合/ネットボール|女性による女性のためのスポーツ/ローンボウリング|老人のスポーツ?/アボリジナル・ノックアウト|先住民のスポーツ

第14章 アフリカ大陸|「スポーツとはなにか」を世界に問いかける大地
「アフリカ大陸」のとらえかた|「サハラ以南」に注目する/西洋スポーツの伝来と普及|20世紀初めまで/戦間期の展開|1920~30年代/アフリカのプレゼンスの高まり|20世紀後半のスポーツと政治

第15章 イスラーム|近代との調和
ムスリムの伝統競技/社会に根づく近代スポーツ|サッカー/スポーツをするムスリマたち

第16章 インド|植民地経験からクリケット大国へ
クリケット/サッカー/オリンピック

第17章シンガポール|東南アジアの一都市国家における帝国の遺産と世界的野心
スポーツはどのようにしてシンガポールにやってきたか/スポーツへの参加とその拡大/日本軍による占領とスポーツ/シンガポール人の国際大会への参加/シンガポールの経済発展とスポーツ界での野心

第18章 フィリピン|アメリカの「黄色い弟(リトル・ブラウン・ブラザー)」とそのスポーツ
アメリカの植民地化とスポーツの導入|1898年~1910年代/フィリピンスポーツの黄金時代|1920年代~1945年/スポーツ先進国からの転落|1945年~現在

第19章 中国|「東亜病夫」からスポーツ大国へ
スポーツの受容/YMCAの影響力/ナショナリズムのショーケース/躍進する新中国のスポーツ/改革開放時代を迎えて/高まるサッカーへの期待

第20章 朝鮮/韓国|スポーツに託された解放と統一の希望
朝鮮へのスポーツの伝播と組織化/植民地支配のなかのスポーツ/南北の対立とスポーツ/ソウル五輪開催の意味/南北のスポーツと統一

第21章 日本|スポーツと武術/武道のあゆみ150年
明治維新がもたらしたもの/スポーツの浸透と「武道」の創出/戦後の再出発と1964東京オリンピック/新たな時代に向かって

終章 グローバルスポーツへの展開|スポーツはどこへ?
勝利への渇望とドーピング/ナショナリズムと「あそび」の喪失/スポーツの国際的な組織化/黄金の三角形|スポーツ・テレビ・スポンサー/国際総合スポーツ大会の諸相/開発のためのスポーツ/eスポーツの展開とスポーツ概念の更新/〈終章章末資料(表1〜3)〉

【編著者紹介】(執筆順)

坂上康博(さかうえ やすひろ)担当章:「はじめに」「第21章」
1959年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。一橋大学大学院社会学研究科教授。研究テーマは日本の近現代を中心としたスポーツの社会史。主要著作に『昭和天皇とスポーツ』(吉川弘文館、2016年)、『にっぽん野球の系譜学』(青弓社、2001年)、『権力装置としてのスポーツ』(講談社1998年)、『海を渡った柔術と柔道』(青弓社、2010年、編著)。

中房敏朗(なかふさ としろう)担当章:「序章」「終章」
1962年生まれ。奈良教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。大阪体育大学准教授。研究テーマはスポーツ史。主要著作に『なにわのスポーツ物語』(丸善プラネット、2015年、共著)、『体育・スポーツ史概論』(市村出版、2015年、共著)、『スポーツという文化』(TBSブリタニカ、1992年、共著)、『英国社会の民衆娯楽』(平凡社、1993年、共訳)。

石井昌幸(いしい まさゆき)担当章:「第1章」「第16章」
1963年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程単位取得退学。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。研究テーマはスポーツ史。主要著作に「19世紀イギリスにおける「スポーツマンシップ」の語義―1800年から1892年までを中心として」『スポーツ社会学研究』(第21巻第2号、2013年)、「イギリスのインド支配と身体」『植民地教育史年報―植民地教育と身体』(第17号、2015年)。

高嶋 航(たかしま こう)「第17章(訳)」「第18章」「第19章」
1970年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程中退。京都大学大学院文学研究科教授。研究テーマは東アジアのスポーツ史。主要著作に『帝国日本とスポーツ』(塙書房、2012年)、『軍隊とスポーツの近代』(青弓社、2015年)、『中国ジェンダー史研究入門』(京都大学学術出版会、2018年、共編著)、『スポーツがつくったアジア』(一色出版、2017年、共訳)。

【執筆者】(執筆順) 和田浩一(わだ こういち)担当章:「第2章」
神戸大学大学院教育学研究科修士課程修了。フェリス女学院大学国際交流学部教授。研究テーマは日本におけるクーベルタン・オリンピズムの受容過程。主要著作に「筋肉と精神の「偉大な結婚」―近代オリンピックにおけるスポーツと芸術の結合」『現代スポーツ評論35』(2016年)、「近代オリンピックの創出とクーベルタンのオリンピズム」小路田他編著『〈ニッポン〉のオリンピック』(青弓社、2018年)。

有賀郁敏(あるが いくとし)担当章:「第3章」
1957年生まれ。筑波大学大学院体育科学研究科博士課程単位取得退学。立命館大学産業社会学部教授。研究テーマはドイツスポーツ史、余暇の社会史。主要著作に『現代スポーツ論の射程―歴史・理論・科学』(文理閣、2011年、編著)、『現代国家と市民社会』(ミネルヴァ書房、2005年、共著)、『〈方法〉としての人間と文化』(ミネルヴァ書房、2004年、共著)、『近代ヨーロッパの探究8 スポーツ』(ミネルヴァ書房、2002年、共著)。

岩瀬裕子(いわせ ゆうこ)担当章:「第4章」
首都大学東京大学院人文科学研究科社会人類学教室在学。研究テーマはスポーツと文化のはざまにおける社会人類学的研究(自治・身体・協働・民衆文化)。主要著作に「人間の塔の「歴史」の再解釈―「衰退期」に注目して」『スペイン史研究』(第31号、2018年2月)、「スペイン・カタルーニャ州における「人間の塔」」『よくわかるスポーツ人類学』(ミネルヴァ書房、2017年)。

㓛刀俊雄(くぬぎ としお)担当章:「第5章」
1956年生まれ。筑波大学大学院体育科学研究科博士課程単位取得退学。奈良女子大学研究院人文科学系教授。研究テーマは近現代身体文化史。主要論文に「チェコスロヴァキアの人民スポーツ運動―その位置づけに関する一試論」(有賀郁敏他『近代ヨーロッパの探究8 スポーツ』ミネルヴァ書房、2002年)。

姉川雄大(あねかわ ゆうだい)担当章:「第6章」
1974年生まれ。千葉大学大学院社会文化科学研究科博士課程修了。千葉大学アカデミック・リンク・センター特任講師。研究テーマは近現代東欧(ハンガリー)史。主要著作に「戦間期ハンガリーにおける国民化政策の反自由主義化」『歴史学研究』(第953号、2017年)、『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題』(ミネルヴァ書房、2017年、共著)、『教育支援と排除の比較社会史』(昭和堂、2016年、共著)、『福祉国家と教育』(昭和堂、2013年、共著)。

山崎信一(やまざき しんいち)担当章:「第7章」
1971年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。東京大学教養学部非常勤講師。研究テーマは旧ユーゴスラヴィア地域の近現代史。主要著作に『映画「アンダーグラウンド」を観ましたか?―ユーゴスラヴィアの崩壊を考える』(彩流社、2004年、共著)、『アイラブユーゴ―ユーゴスラヴィアノスタルジー』1〜3(社会評論社、2014〜15年、共著)、『セルビアを知るための60章』(明石書店、2015年、共編著)、『スロヴェニアを知るための60章』(明石書店、2017年、共編著)。

岩本和久(いわもと かずひさ)担当章:「第8章」
1959年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。札幌大学地域共創学群教授。研究テーマは近現代ロシア文化。主要著作に『フロイトとドストエフスキイ』(東洋書店、2010年)、「近代ロシア文学におけるスポーツ表象の変遷」『スラヴ研究』(第62号、2015年)。

川島浩平(かわしま こうへい)担当章:「第9章」
1961年生まれ。米国ブラウン大学大学院史学研究科博士課程修了。早稲田大学スポーツ科学学術院教授。研究テーマはスポーツ史・スポーツ文化研究。主要著作に『アメリカ文化事典』(丸善、2017年、共編)、『人種神話を解体する 第3巻』(東京大学出版会、2016年、共編)、”Japan, American Football, and Super Bowl in Past, Present, and Future,” The International Journal of the History of Sport, 34 (1-2), 2017、『人種とスポーツ』(中央公論新社、2012年)。

窪田 暁(くぼた さとる)担当章:「第10章」
総合研究大学院大学文化科学研究科博士課程単位取得退学。奈良県立大学地域創造学部准教授。研究テーマはスポーツ移民の文化人類学。主要著作に「海を渡る理由―ドミニカ共和国、聖母カルメンの祭り」『季刊民族学』第41巻3号(千里文化財団、2017年)、『「野球移民」を生みだす人びと―ドミニカ共和国とアメリカにまたがる扶養義務のネットワーク』(清水弘文堂書房、2016年)、『グローバル・スポーツの課題と展望』(創文企画、2014年、共著)。

松岡秀明(まつおか ひであき)担当章:「11章」
1956年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校大学院文化人類学研究科博士課程修了。前・大阪大学コミュニケーションデザイン・センター招聘教授。研究テーマは宗教、医療、ブラジル文化史。主要著作に『ブラジル人と日本宗教』(弘文堂、2004年)、Japanese Religions in and beyond the Japanese Diaspora(Institute of East Asian Studies, University of California at Berkeley, 2007, 共編著)、「資源としてのサッカー―あるIT企業におけるその活用をめぐって」『成城大学共通教育論集』第9号(2017年)。

松尾俊輔(まつお しゅんすけ)担当章:「第12章」
1987年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程在学、同教務補佐員。研究テーマは南米の近現代政治史・スポーツ史。主な論文に “Sports Policy, the YMCA, and the Early History of Olympism in Uruguay,” in Cesar R. Torres and Antonio Sotomayor (eds.), The Olympic Movement in the Making of Latin America and the Caribbean (Fayetteville, AR: The University of Arkansas Press, forthcoming).

藤川隆男(ふじかわ たかお)担当章:「第13章」
1959年生まれ。大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。大阪大学大学院文学研究科教授。研究テーマはオーストラリア史。主要著作に『妖獣バニヤップの歴史―オーストラリア先住民と白人侵略者のあいだに』(刀水書房、2016年)、『アニメで読む世界史2』(山川出版社、2015年、編著)、『人種差別の世界史―白人性とは何か?』(刀水書房、2011年)、『猫に紅茶を―生活に刻まれたオーストラリアの歴史』(大阪大学出版会、2007年)。

川本真浩(かわもと まさひろ)担当章:「第14章」
大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。高知大学人文社会科学部准教授。研究テーマはイギリス帝国=コモンウェルス史。主要著作に「「創られた伝統」としての長距離走―植民地期ケニアにおける陸上競技小史」『高知大学学術研究報告』63(2014年)、「「グレニーグルズ合意」(1977年)にいたる道(1)」『海南史学』50(2012年)。

佐藤尚平(さとう しょうへい)担当章:「第15章」
オックスフォード大学大学院政治学国際関係学研究科博士課程修了。早稲田大学文学学術院准教授。研究テーマは中東現代史とイギリス帝国史。主要著作にBritain and the Formation of the Gulf States, Manchester University Press, 2016、“‘Operation Legacy’: Britain’s Destruction and Concealment of Colonial Records Worldwide”, Journal of Imperial and Commonwealth History, 45 (4), 2017、‘The Sportification of Judo: Global Convergence and Evolution’, Journal of Global History, 8 (2), 2013.

Stefan Hübner(シュテファン・ヒューブナー)担当章:「第17章」
ヤーコプス大学大学院歴史学研究科博士課程修了。シンガポール国立大学リサーチフェロー。研究テーマは近現代史。主要著作にPan-Asian Sports and the Emergence of Modern Asia 1913-1974, NUS Press, Singapore, 2016(高嶋航、冨田幸祐訳『スポーツがつくったアジア―筋肉的キリスト教の世界的拡張と創造される近代アジア』一色出版、2017年)、“Muscular Christian Exchanges: Asian Sports Experts and the International YMCA Training School (1910s-1930s)”, Giles Scott-Smith and Ludovic Tournès (eds.), Global Exchange: Scholarship Programs and Transnational Circulations in the Contemporary World (19-21st Centuries), Berghahn Books, 2017.

金 誠(きん まこと/キム ソン)担当章:「第20章」
1974年生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科博士課程単位取得退学。札幌大学地域共創学群教授。研究テーマはスポーツ史・朝鮮近代史。主要な著作に『近代日本・朝鮮とスポーツ―支配と抵抗、そして協力へ』(塙書房、2017年)、「スポーツにみる植民地権力とナショナリズムの相克― 第11回オリンピック競技大会(ベルリン)の金メダリスト孫基禎を中心に」『現代韓国朝鮮研究』(第16号、2016年)。

書評紹介およびレビュー

okua(osaka university knowledge archiuve)(2019-02)より
紙面はこちらから(pdf)
『スポーツの世界史』インタビュー記事(『現代スポーツ研究』vol.3(2019-03)より
紙面はこちらから(pdf)

(2018年10月21日アマゾンレビュー)
スポーツの歴史を、国ごとに概説したものである。種目ごとというのはよくあるが、国ごとというのは珍しい。あくまでも「世界史」という視点に立ち、文化、社会、国家戦略、グローバリゼーションといった問題のなかにスポーツを置き、改めて問い直そうとしているからだ。
とりあげられているのは、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、チェコ、ハンガリー、ユーゴスラヴィア、ソヴィエト/ロシア、アメリカ、カリブ海地域、ブラジル、アルゼンチン・ウルグアイ・チリ、オーストラリア、アフリカ大陸、イスラーム地域、インド、シンガポール、フィリピン、中国、朝鮮/韓国、日本。
それぞれの国のスポーツ史研究家が執筆者となり、わかりやすく語ってくれている。単一のテーマや種目ではなく、幅広く扱われているので、全体像がよく分かる。入門書として最適だろう。
一方で、国ごとの特徴も見えてきて興味深い。なぜオリンピック種目の半数がイギリスで誕生したのか。カリブ海地域で野球選手として成功してアメリから渡ることが、本人や地域社会にとってどのような意味をもつのか。かつて中国では上層の人々のやるようなものではないと軽蔑されたスポーツが、国家的に重要な位置づけへと変わってきた経緯はどのようなものなのか。
650ページ以上と分厚い本だが、何度も読み返すべき魅力に満ちている。

朝日新聞2018年10月6日掲載
『スポーツの世界史』(坂上康博、中房敏朗、石井昌幸、高嶋航編著、一色出版・4860円)は、スポーツの発展の歴史を国ごとにまとめた。競技ごとの歴史をまとめた本はあるが、国ごとは珍しい。総勢20人の執筆編集チームを立ち上げ、21カ国と3地域を網羅した。論文集でも事典でもない歴史物語を目指し、スポーツを通して国や地域の素顔を描く。

日本経済新聞2018年11月8日掲載
ありそうでない、網羅的集大成。
政治体制、階級、性差、権力など、社会のあり方が浮かぶ

2018年10月2日、最近のアナログレコードみたいにDLコードを仕込んだり、ユーゴスラヴィアやソ連など所謂東側の国にも頁を割き気になった坂上康博,中房敏朗,石井昌幸,高嶋航 (編著)『スポーツの世界史』(一色出版)が届きました。というか、ユーゴスラヴィアの項の筆者は『アイラブユーゴ』の山崎信一氏じゃないですか。

2018年10月5日、『スポーツの世界史』(坂上康博他編、一色出版)が手元に届いた。帯に本当に書いてある(巻末のパスワードを入力すると、全ての内容がwebページで閲覧できます)。持ち運びが大変な大著なだけに、webで読めるのはありがたい。面白い試み。

2018年9月9日、一色出版から『スポーツの世界史』(坂上康博他編)が刊行されるようです(9月25日予定)。そうそうたるメンバーです。/スポーツはどのように生まれ、どのように世界史を創ってきたのか?

2018年11月23日、旅のお供は『スポーツの世界史』(一色出版)。この9月に発売されたばかりの分厚い本この本は、読み応えがありそうです。

ミエリン鞘はとも呼ばれ、軸索に巻き付いて絶縁体として働く構造である。これにより神経パルスはミエリン鞘の間隙を跳躍的に伝わる(跳躍伝導)ことで神経伝達が高速になる。ミエリン鞘は末梢神経系の神経ではシュワン細胞、中枢神経系ではオリゴデンドロサイトから構成される。

脳の中にある空洞のこと。脳脊髄液で満たされている。脊髄にあるものは中心管と呼ばれる。

神経堤細胞は脊椎動物の発生時に見られる神経管に隣接した組織。頭部では神経、骨、軟骨、甲状腺、眼、結合組織などの一部に分化する。

細胞の生体膜(細胞膜や内膜など)にある膜貫通タンパク質の一種で、特定のイオンを選択的に通過させる孔をつくるものを総称してチャネルと呼ぶ。筒状の構造をしていて、イオンチャネルタンパク質が刺激を受けると筒の孔が開き、ナトリウムやカルシウムなどのイオンを通過させることで、細胞膜で厳密に区切られた細胞の内外のイオンの行き来を制御している。刺激の受け方は種類によって多様で、cGMPが結合すると筒の穴が開くものをcGMP依存性イオンチャネルと呼ぶ。TRPチャネルも複数のファミリーからなるイオンチャネルの一群であり、非選択性の陽イオンチャネルである。発見された際に用いられた活性化因子の頭文字や構造的特徴から、A (Ankyrin), C (canonical), M (melastatin), ML (mucolipin), N (no mechanoreceptor), P (polycystin), V(vanilloid)の7つのサブファミリーに分類されている。TRPは、細胞内や細胞外の様々な刺激によって活性化してセンサーとして働いたり、シグナルを変換したり増幅したりするトランスデューサーとしての機能も併せ持つ。温度センサーやトウガラシに含まれるカプサイシンのセンサーとしても機能していることが知られている。

任意の遺伝子の転写産物(mRNA)の相同な2本鎖RNAを人工的に合成し生物体内に導入することで、2本鎖RNAが相同部分を切断して遺伝子の発現を抑制する手法。2006年には、この手法の功績者がノーベル生理・医学賞を受賞している。

様々な動物種間で塩基配列やアミノ酸配列を比較することによって、類似性や相違を明らかにする手法。この解析によって動物種間の近縁関係や進化の過程を予測することが可能になる。

発生過程で神経管を裏打ちする中胚葉組織であり、頭索類・尾索類では背骨のような支持組織としての役割を持つ。脊椎動物では運動ニューロンの分化を誘導するなど発生学的役割を持つ

魚類に顕著にみられる鰓のスリットで、哺乳類では発生の初期にはみられる。発生が進むと複雑な形態形成変化が起き、消失するが、外耳孔などは鰓裂の名残ということができる。

動物の初期発生において最初の形態形成運動として原腸陥入が起こる。原腸は消化管に分化する。この原腸陥入によって生じる「孔」を原口と呼ぶが、これが将来の動物の体の口になるのが前口動物であり、肛門になるのが後口動物である。半索動物、脊索動物は後口動物である。

ナマコの幼生のことをオーリクラリア幼生と呼ぶが、ウニのプルテウス幼生、ヒトデのビピンナリア幼生、ギボシムシのトルナリア幼生など、形態的共通性をもつ幼生全体をまとめてオーリクラリア(型)幼生と呼ぶ。今日ではディプルールラ型幼生という呼び方が広く使われている。この説はガルスタングが1928年に提唱した。その時代にはオーリクラリアという用語が使われたため(ディプリュールラ説ではなく)オーリクラリア説と呼ばれている。

Hox遺伝子はショウジョウバエで発見されたホメオティック遺伝子の相同遺伝子である。無脊椎動物のゲノムには基本的に1つのHoxクラスターがあり、脊椎動物のゲノムには4つのHoxクラスターがある。Hoxb1は4つあるクラスターのうちのBクラスターに属する1番目のHox遺伝子という意味である。

脊椎動物胚の後脳領域には頭尾軸にそった分節性(等間隔の仕切り)がみられる。この各分節をロンボメアと呼び、図14に示すように7番目までは形態的に明瞭に観察できる。

脊椎動物のゲノムにはふたつか3つのIsletが存在する。Isletは脳幹(延髄、橋、中脳)の運動性脳神経核に発現して、運動ニューロンの分化に関与している。

感桿型では光刺激はホスホリパーゼCとイノシトールリン酸経路を活性化させる。繊毛型ではホスホジエステラーゼによる環状GMPの代謝が関与している。

気嚢による換気システムは獣脚類と呼ばれる恐竜から鳥類に至る系統で段階的に進化していったと考えられる。

このような特異な形態は胚発生期には見られず、生後に発達する。その過程は頭骨に見られる「テレスコーピング現象」と並行して進む。