最も初期のものはメスがオスにのるスタイルだったようです。カゲロウ、コオロギなどがこのスタイルとして挙げられます。

徐々にオスがのるスタイルに変わっていきますが、オスが上になっても交尾器による精子の受け渡しは下側なので、腹部をひねって行うなど、けっこうきつい姿勢の交尾もあります。カマキリやカカトアルキなどがこれに挙げられます。

最終的には現在、よくみられるオスが上にのるスタイル、カブトムシ、テントウムシに見られるスタイルですが、さまざまな環境に適応していく中で交尾様式が変化してきたことが予想できますね。