たいていはオスの方が特徴的な形をもっているようですね。

大顎がおおきかったり、触覚が大きくて長くて変わった形をしていたりするのがいます。目が異様に離れているのはシュモクバエが有名でしたが、他にもコオロギやゾウムシでもそういった特徴を持つ種もいて、発見です。

本書には違いが特徴的な昆虫がたくさん載っていて、その違いの理由も解説されています。

ぜひ手にとってみてください!