連盟・クラブ・選手に対する莫大な財政支援、1950年のバスケットボール世界選手権や1951年の第1回パンアメリカン競技大会などの国際大会の招致、国民的人気を誇ったファーストレディの名を冠した全国少年サッカー大会「エビータ選手権」の開催といった未曽有の規模のスポーツ支援策を通じて、ペロンはスポーツ界の、そしてそこで活動する民衆全体の庇護者としての自身の政治的イメージを確立することに成功した。