ハンガリーでは読み書きのできない最下層出身の選手であっても、アスリートとして成功すれば、政治家や軍人を含む高い社会的地位を得ることができた。このような背景が「マジック・マジャル」を生み出したと考えられる。特にそのエースだったプシュカーシュ・フェレンツは、下層労働者層の出身で、最強の国防軍チームに所属し、その功績によって高位軍人にもなったという点で、ハンガリー共産党体制下におけるサッカーの申し子と言える。